FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福山三蔵稲荷 初詣

福山三蔵稲荷神社
三蔵稲荷神社は、福山の開祖、水野勝成公が福山城を築城する時に、守護神として祀った神社です。
勝成公は二十一歳の時、三河国刈屋の城より放浪と武者修行の旅に出ました。その際に、祖父、忠政公が京都伏見稲荷大社より受けられたご神体を授かりました。
勝成公は、四国・九州での戦においてもご神体を肌身離さず持ち続け、お稲荷さんのご加護を受けることができました。
元和五年(1619年)、この福山の地に城を築き、城内の北側(鬼門)に備後の国の守護神としてお祀りしたのが、三蔵稲荷神社の起源です。
以来、代々の福山城主が直祭し、藩内には多くのご分社がありました。






「初代福山藩主水野勝成の行列にいつ頃からか謎の侍が護衛に付き、名を尋ねると“城の北側に住んでおる三蔵と申す”と言い去った事に勝成が感銘を受け以後手厚く祭った」という内容の話であるが、現実的に考えれば藩主に正体不明の人物が護衛に付くことはありえず、これは阿部氏の時代(江戸後期)に福山藩が金を江戸に運ぶ際に担当者の夢枕に祭神が現れて“我は城内稲荷の神三蔵なり、道中無事に江戸に着くよう守る”と言った言い伝えが元になっているようである。

しかし、そもそも江戸時代の三蔵稲荷とは城下南部の御茶屋(現在の南小学校周辺)にあった稲荷社のことであり、江戸時代の現在地は二の丸の敷地内で神社は存在していなかった。そのため、御茶屋跡が破壊される明治末期頃(境内の石灯篭などの年号は明治30年になっている)に城下から現在の場所に移されたようである。ただし、上記のように伝承が錯綜しており正確な由来についてはよくわかっていない。
(Wikipediaより抜粋)
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

KING(訪問者MAP)

ジオターゲティング
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
脱獄および海外逃亡者人数
カテゴリ
プロフィール

KING MURAKAMI

Author:KING MURAKAMI
iPhone Customiz
TEAM B0Bs
B0Bs1 Official blog

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
携帯電話・PHS
201位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
iPhone(Apple)
63位
アクセスランキングを見る>>
KING
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
アルバム
Web page translation
Twitter
Twitter
TEAM_B0Bs 公式ツイッター チーム公式
◆マリボグ教授◆
Mさんをフォローしましょう
◆ドクターN◆
博士をフォローしましょう
携帯用QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
amazon
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。